お葬式の服装や持ち物について

お葬式に参列する際の服装は、正式礼装が基本との考え方に間違いはありませんが、時代の変化と共に、昨今はこの服装でなくとも失礼にはあたりません。男性であれば黒のスーツで、通夜、葬儀、告別式全てに臨んでも問題はありません。対して女性の場合は、通夜には礼式の洋服、葬儀と告別式には和服の正式礼装というマナーが周知されていますが、実際には全て洋服の正式礼装で臨まれる方々の割合が高くなっています。

次にお葬式の場での服装に関しての細かい注意点ですが、男性の場合シャツは白無地、ネクタイは黒無地を着用します。スーツはシングル、ダブルの指定も格式の上下もありませんが、色は黒が基本です。派手な装飾品類は身に着けず、カフスボタンを用いる場合には黒石、ネクタイピンも用いません。ズボンの裾はシングルで靴下は黒無地、靴のデザインも地味な黒色を選ぶようにしましょう。

女性の場合、髪の毛が長い方はまとめて髪飾りも黒基調の地味なものを選んでください。結婚指輪以外の装飾品は用いず、洋服の上着は夏でも長袖で、スカートの丈は長目にします。肌色のストッキングは避けて黒のタイツか黒のストッキング、カバンも黒の布製もしくは皮製であれば光沢のないものを選んでください。靴はヒールが高過ぎない地味な黒基調のパンプスを履くのが基本です。ちなみに女性の和装の場合は時計は外し、カバンも草履も布製が基本です。半襟、じゅばん、足袋は白色で、帯や小物類などその他は黒色で統一します。また、お葬式でレンタルの着物を利用する場合、家紋の確認を忘れないように注意してください。

また、参列者としてお葬式に臨む際、かつては礼服で通夜に赴くのは間違いとの考え方が見られましたが、最近は葬儀屋告別式に参列できない方が、略礼装で弔問するケースが増えています。葬儀と告別式の両方に参列する場合には、略礼装というのが今日では一般的です。また、急な訃報でお葬式に駆けつける際に、略礼装や黒いスーツなどが手元に準備出来ない場合は、カジュアル過ぎない黒系の服装でも大丈夫です。アクセサリー類やバッグなどの小物類に関しても、きらびやかなデザインや色合いのものは避けるのが礼儀です。